[資格LinuC304] 参考書一冊で1ヵ月合格できた勉強法を公開

コラム

LinuCの有効期限が切れる前に更新する試験はどうしよう。
資格取得に挑戦したいが、試験の難易度が分からないから不安だ。

スキルアップを目的として資格取得を目指したり、有効性の更新のために受験をする。
でも試験勉強って大変ですし、手探りで進めていくと不安になってしまいます。
LinuCを既に受験している方なら更新で悩む人も多いのではないでしょうか。

転職や会社の評価にも繋がるので、せっかくならLinuCレベル3まで取得して技術者としての証明をしたいですよね。
LinuCレベル3を取得している私がおすすめの資格はLinuC304です。
なぜならレベル2と比較すると圧倒的に短期間で取得しやすいからです。

created by Rinker
¥3,520 (2023/02/04 07:11:52時点 Amazon調べ-詳細)

仕事をしながらでも空いた時間を使って参考書一冊で1ヵ月で合格した勉強法を公開します。
受験合格までの参考にどうぞ!

スポンサーリンク

LinuC304ってどんな試験?

LinuCレベル3は「エンタープライズレベルでの仕事ができる技術者」を認定する資格試験です。
その中に含まれる304の正式名称は「LinuCレベル3 304 Virtualization & High Availability」といいます。

Hiro
Hiro

内容を要約すると

・VMwareやハイパーバイザーなどの仮想化の概念と技術

・負荷分散、クラスタ管理などの高可用性のための技術

これらをLinux/OSSを使って構築、運用できる能力を証明することができるんです。

試験情報は下記に記載します。

  • 受験の前提条件:有意なLinuCレベル2を保有していること
  • 受験料:16500円(税込)
    • もし不合格でも不合格日から2年間、同一試験を5,500円(税込)にて再受験可能
  • 試験:いつでも近くのテストセンター(ピアソンVUE)で受験できます
  • 試験時間:90分
  • 問題数:約60問
  • 合格基準:65%
    • 公式で明記されていませんが、40問以上正解で大丈夫
  • 合否結果:試験終了と同時に分かります

今後はLinuC304が2つに分離して、305と306が新設されます。
305は仮想環境とコンテナ、306は高可用性(HA)とストレージに分割されるんです。

受験予定の方は早めの受験をオススメします!
305と306になってしまうと問題がガラッと変わってしまいます。

リリーススケジュール

  • LPIC-3 305 仮想環境とコンテナ:英語版:2021年11月8日、日本語版:2022年1月(予定)
  • LPIC-3 306 高可用性(HA)とストレージ:英語版:2021年12月13日、日本語版:2022年2月(予定)

旧バージョン( LinuC304)の試験は、最新の日本語版リリース後、6ヶ月は受験することができます。
旧バージョンの終了予定は、ピアソンVUEのLPI認定ページで確認しましょう!

他にもLPIでは試験を受けることができます。
html5プロフェッショナル認定試験もオススメなので、併せてこちら↓もどうぞ。

合格までの勉強法

通勤時間や仕事の合間を利用して、勉強を進めていきました。
合格までに使った教材はこちら↓です。

created by Rinker
¥3,520 (2023/02/04 07:11:52時点 Amazon調べ-詳細)

技術系の試験勉強本ではおなじみの通称”黒本”を使って、合格に向けて勉強をしていきました。
そう、この黒本だけで挑み、合格できたんです。

勉強開始(1~2週目)

参考書を購入し、勉強開始!
最初の1~2週間は下記手順をひたすら繰り返していきました。

特にコマンドは似たようなものが多く、暗記しないと解けないのでしっかり取り組みましょう。

勉強法(開始1~2週間)

  1. 章ごとに内容を理解する
  2. 章ごとに演習問題を解いていき、なぜ正解、不正解したのかを理解する
  3. コマンド、サブコマンドをしっかり暗記する

少なくとも2~3周はするようにしましょう。
問題が解けるようになると、自信がついてくるはずです。
そこで、参考書の後ろについている総仕上げ問題①を解いていきます。

私はこのタイミングで40%程度の正答率で焦りました。
なんとなく理解した気になっていて、深く理解をすることが出来ていなかったのです。

それでも大丈夫!ここから本気モードに切り替えます。
なぜ解けなかったのか、ここからさらに理解を深めていきます。

勉強開始(3~4週目)

覚えるポイントや苦手な章が見えてくると思います。
思っていたよりもコマンドやオプションを詳細に覚える必要があります。
ここで、しっかり暗記できるように纏めていきました。

勉強法(開始3~4週間)

  1. 章ごとに苦手箇所を重点的に復習
  2. 演習問題を解き、正解、不正解の理由がわかるレベルにする
  3. コマンド、サブコマンドをしっかり暗記する
  4. 模擬試験を95%以上とれるようにする

ここまでくると理解してきて、自信がついてきます。
試験まではひたすら苦手箇所を復習、暗記していきます。

問題を覚えてしまい、答えが一瞬で分かるようになってくると思います。
選択問題の中で、なぜ正解なのかをきちんと理解して解けるようになりましょう。

さあ、いよいよ試験です!

いざ試験へ!

しっかり苦手なところを復習し試験へ臨みます。

事前に予約したテストセンターに向かい、受付を済ませます。
呼ばれて、席に着き問題を解いていきます。
全て問題を解き終わると、最後に試験終了を押すタイミングはいつもドキドキします。

合格

努力が実ると嬉しいです。
合格してしばらくすると、証明書が届きます↓

皆様もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ゆっくり時間をかけて試験に臨むよりも、短期決戦で勝負することをおススメします。

例題にチャレンジ!

created by Rinker
¥3,520 (2023/02/04 07:11:52時点 Amazon調べ-詳細)

どんな問題がでるのか気になる方も多いと思います。

そこで、例題をご用意しました。
答えは最後に記載します。いざチャレンジ!

例題

①Xenがサポートするゲストタイプとして正しいものを2つ選びなさい。

  1. 準仮想化ゲスト
  2. 完全仮想化ゲスト
  3. コンテナ仮想化ゲスト
  4. ハードウェアエミュレートゲスト

②高可用クラスタにおいてスプリットブレインが発生する要因となるものを1つ選びなさい。

  1. 複数のノードでの同一サービス起動
  2. クラスタノード間の通信中断
  3. クラスタノード間でのサービス稼働
  4. ロードバランサ停止

みなさん解けましたか?
例題の回答は下にあります。

答え

例題の回答はこちらです。

①1,2
②2

LinuCレベル2と比べると出題範囲が狭いので、短期間でしっかり理解、暗記して取得することをおすすめします。
受験する方は1~2ヵ月を目安に頑張ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました