【テレワークを快適に】メリット・デメリットと必須級アイテム3選

コラム

テレワークとは、「Tele = 離れた」と「Work = 働く」を合わせた造語です。
時間や場所にとらわれない柔軟な働き方として急速に増えてきました。

環境がガラッと変化したことで、やりずらさを感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

テレワークと出社を併用して仕事をしている経験を元に、テレワークのメリットとデメリットをご説明します。
そして、テレワークを快適にする無数にあるアイテムのうち、厳選した必須級のアイテム3選をご紹介します。

スポンサーリンク

テレワーク(リモートワーク,在宅ワーク)とは?

オフィスに出社することなく、自宅などで勤務することを総称して言います。
主に「テレワーク」「リモートワーク」「在宅ワーク」等と呼ばれています。

場所に制限されず仕事ができるので、IT技術が発展した現代社会ならではの働き方です。
今ではテレワークを取り入れている企業も増えており、入社してからほとんど直接顔を合わせたことが無い中で働いている人も少なくありません。

後輩に話しを聞くと、同期で集まって研修をしたのは半年のうち2週間だけだったとか。

最低限必要なモノ

  • パソコン
  • インターネット環境

職種によって必須なものは変わってくると思いますが、この2つは最低限必要です。
打ち合わせはパソコンからインターネットを介して行われます。
今やパソコンとインターネットは生活に必須となっています。

テレワークのメリット・デメリット

テレワークと出社を併用している実体験を元に、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

一番のメリットは通勤が無くなることにあります。
満員電車に乗って仕事に行くこととてもストレスです。

Hiro
Hiro

満員電車で通勤するだけでヘトヘトです。
それが無いだけで本当に変わります。

また、通勤時間が無くなることで、有効な時間が増えることも大きいです。
仕事前にゆっくりとコーヒを飲んでから仕事に臨むことができます。

家庭環境にもよると思いますが、子供の育児と仕事を両立しやすいこともあります。
朝の通勤が無いことで、朝の保育園の送りが可能になったり、仕事が終わってすぐに育児や家事をすることができます。
オフィスに100%出勤していた時代と比較すると、間違いなく子供との距離が近くなりました。

デメリット

一番のデメリットはコミュニケーション不足になることです。

オフィスであれば気軽に同僚に声をかけることができました。
しかし、テレワークではビデオ通話や電話をする必要があり、コミュニケーションをとる頻度が減ってしまいます。

Hiro
Hiro

特に雑談はほとんどなくなりました。

同僚と仲良くなることが難しいです。

効率が良い反面、コミュニケーション不足になりがちと言えるでしょう。
コミュニケーション不足は大きな問題になっており、上司との1on1ミーティングが取り入れられています。

》テレワークでもできる信頼関係を築く3つのポイントはこちら

また、通勤やオフィス内での移動が無くなるため、運動不足になりがちです。
普通に過ごしているとほとんど歩くことなく一日が終わってしまいます。

快適にする!必須級アイテム3選

テレワーク環境を快適にするアイテムは無数にあり、紹介したいものもたくさんあります。
その中でも本当に無いと困るレベルで必須なアイテムを3つに絞り紹介します。

コスパ抜群のワイヤレスマウス

無線で接続ができるワイヤレスマウスは、パソコン周辺をすっきりさせたい人にぴったりです。
外出先でも仕事をしたい人にもおすすめです。
パソコンとマウスの間にケーブルが無くなるため、快適に使用することができます。

しかし、ワイヤレスマウスといってもロジクールやエレコムなどいくつかのメーカーから販売されており、サイズやデザイン、機能も多種多様にあります。
どれを選んでよいか迷ってしまうことが多いのではないでしょうか。

おすすめのワイヤレスマウスはこちら↓

この「Logicool G ロジクール G ゲーミングマウス ワイヤレス G304」はUSBを挿すだけでセッティング可能な「レシーバー式」です。
デザインもシンプルで軽量なため、普段使いにぴったりのマウスです。
マウスの形状もすっきりと握りやすい形になっているので、人を選ばず快適な操作をもたらします。

また、1本の単三形乾電池だけで、最長250時間の連続使用することが可能です。
低価格なのに高性能で使いやすい
とてもコスパの良い一品です。

デスクに1つ置いておきたいスマホスタンド

充電スタンドや、仕事で活用したりと、様々な用途に使えるスマホスタンド。
自分の見やすい角度や高さに固定できるので、デスク周りで活躍します。

使いやすいスマホスタンドを選ぶポイントは下記3つ

  • 角度調整可能
  • 充電しやすいデザイン性
  • 折り畳みができる

おすすめはその全てを兼ね備えている「ミヨシ MCO アルミニウム製 スマートフォン・タブレット用スタンド」

created by Rinker
ミヨシ
¥2,280 (2023/02/04 05:57:48時点 Amazon調べ-詳細)

角度調整はスマホスタンドを選ぶうえで重要です。
なぜなら場所や身長を選ばず、自分が見やすい位置に調整ができるからです。

また、充電しながら置くことも多いので、穴が開いているととても使いやすいのです。
更に折りたためることで持ち運びも可能であり、使っていない時にはコンパクトに収納することができます。

角度調整ができて充電しやすい穴があり、折り畳みができるので、場所を選ばずどこでも使用が可能です。

Web会議を快適にするワイヤレスイヤホン

パソコンに備え付けのマイクやスピーカーでも使うことはできますが、使いにくいと思うことが多いのです。
音が途切れてしまったり、相手に聞こえにくかったりと、知らないうちに不快感を与えてしまいます。

ワイヤレスイヤホンがあれば自分の声が綺麗に相手に届くようになります
もちろん相手の声もよりクリアに聞こえて、Web会議が終始快適になります。

おすすめのワイヤレスイヤホンはこちら↓
「片耳ヘッドセット ケンウッド ブラック KH-M500-B」です。

しっかりとしたマイク性能を搭載し、ノイズキャンセリング機能も付いている。
更に耳のサイズに合わせて取り外し可能
になっているので、装着感が不安な人にも安心です。

耳の中に装着することが嫌な方には骨伝導イヤホンもおすすめです。

骨伝導イヤホンを経験すると、耳が圧倒的に開放されます。
数ある骨伝導イヤホンメーカーの中で、日本国内における骨伝導型マイク付きヘッドホンの売上台数1位、販売台数シェア81.2%を誇る「AfterShokz(アフターショックス)」です。

AfterShokzについてはこちら↓で纏めていますので、併せてどうぞ。
》【AfterShokz AEROPEX実機レビュー】骨伝導イヤホンはこんな人にピッタリ!

テレワークで欠かせないポイントは、社員や顧客とスムーズなコミュニケーションが図れるかどうか。
仕事を円滑に進めることができ、通話や会議のストレスを軽減するアイテムです。

デスクを快適に

実際に使っていて「これだけは必須だ!」と思うものを厳選して3つご紹介しました。
デスクを快適にすることで、仕事のストレスを軽減することができます。

おすすめの超コンパクトな急速充電器もこちらで紹介しています。

自分が納得がいくアイテムをデスク回りに増やして、快適なテレワーク生活にしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました